2005年10月20日

悩みを一瞬で解決する?

★北野からお知らせ
出張のため、11月4日までブログ更新はお休みさせ
ていただきます。
皆さんお元気で!!!↓




「例えば、「出世できない」という悩みがあるならば、

・悩みつづける
・努力する
・あきらめる
・死ぬ

の中から一つを選ぶしかないし、結局誰だって一つを
選んでいる。

できることはできるし、できないことはできない。それ
だけのことである。

悩みは思いであり実体はない。

現実を認めれば悩みはなくなる。

「あきらめなさい」といっているのではない。

現実を認めた上で、あきらめるのか、努力するのか、
を選ぶだけのことなのだ。」


(今日の参考文献↓
「転生と地球」 高木善之 PHP研究所
→ http://tinyurl.com/9jg9l )


いわれてみると、簡単に思えてきますね。

例えば皆さんに、好きな女性(男性)がいたとしま
しょう。

高木さんによると

・悩みつづける
・努力する
・あきらめる
・死ぬ

の4つの選択肢がある。

しかし、悩みつづけるとか死ぬのはバカらしいで
すから。

・努力する→口説く
・あきらめる→他のいい異性を探す

に絞られますね。

努力することを決めたなら、「どうやったら口説き
おとせるかな?」と考え始めます。

あきらめることを決めたら、また「いい女の子(男
)と知り合うにはどうしたらいいかな?」と考えは
じめます。

ポジティブに考えているときは、「悩んでいる」と
いいませんよね。


皆さんは今悩みがありますか?

高木さんのように考えたら、何か見えてくるので
はないでしょうか?










その他のお薦め本は
http://www.geocities.jp/rpejournal/
北野の配信するまぐまぐ殿堂入りメルマガは
http://www.mag2.com/m/0000012950.htm
北野の本は
http://tinyurl.com/dypky 
posted by 北野幸伯 at 06:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月19日

お金持ち、ウサギとカメ

「私たちの親は、実に素晴らしいことを言いました。

「稼いだ額より少ない費用で生活し、余った分は投資
しなさい。借金はしないこと。

長期的な安定を築きなさい。」(中略)

この言葉には確かに、すばやくリッチになるウサギを
目指す面白さはありません。

しかしカメはゆっくりではあるけれど、最後にはちゃん
と目的地にたどりつき、おおいに笑うことができたのです。」

(今日の参考文献
「実践!億万長者入門」(生涯続く「無限の富」を得
る方法)ロバート・アレン フォレスト出版
→ http://tinyurl.com/8jseh )



自宅にいながらにして何千億円も稼いでいるロバート・アレ
ンさんは、なんとカメの方法をすすめているのですね〜。


・稼いだ額より少ない費用で生活する。

まあ、このブログの訪問者は皆そうしていると思いますが。

サラ金が儲かって笑いがとまらないというのは、そうでない
人たちも多いのですね。


・余った分は投資しなさい。

う〜む。

普通の日本人はこんなこと考えたこともないでしょう。

リスクの少ない投資先を探し始めましょう。


・借金はしないこと。

これは、案外たくさんの人がしているのではないでしょう
か。

特に車とか家とか大きな買い物は。

とりあえずできるところからはじめましょう。











その他のお薦め本は
http://www.geocities.jp/rpejournal/
北野の配信するまぐまぐ殿堂入りメルマガは
http://www.mag2.com/m/0000012950.htm
北野の本は
http://tinyurl.com/dypky 
posted by 北野幸伯 at 03:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月18日

貧乏人ってなんだ〜〜〜???」

「貧乏人というのは自分の心の富を操作し、解放する方
法を知らない人を指す言葉なのですが、こういう貧乏人
でも、いつでも自分の欲するときに富裕の法則を実践す
ることができ、そしてまた富や成功や、あらゆる種類の
福禄を自分にひきつけることができるのです。」

(今日の参考文献
「眠りながら巨富を得る」J・マーフィー 三笠書房 
知的生き方文庫 
http://tinyurl.com/c3emv )


なるほど〜。

貧乏人というのは、お金の量ではなく、心の使い方をし
らない人とのこと。

そんな貧乏人でも、「富裕の法則を実践することがで
きる」とのこと。


しかも「いつでも」「どこでも」


「富裕の法則って何ですか?」

マーフィー先生に聞いてみましょう。↓



「悪いことを考えながら良い結果を得ることはできませ
ん。
それは、ちょうど、よいことを考えて悪い結果を得るの
ができないのと同様です。

あなたの心の法則は完全です。」

(今日の参考文献
「眠りながら巨富を得る」J・マーフィー 三笠書房 
知的生き方文庫 
http://tinyurl.com/c3emv )



心の法則は完全。

これが成功哲学の極意ですね。

「心の法則は不完全だ!」

そう思っていると、完全な心の法則によって、不完
全な成果しか得られないようです。














その他のお薦め本は
http://www.geocities.jp/rpejournal/
北野の配信するまぐまぐ殿堂入りメルマガは
http://www.mag2.com/m/0000012950.htm
北野の本は
http://tinyurl.com/dypky 
posted by 北野幸伯 at 01:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月17日

資産形成にも目的が大事


「はっきりとした目的があれば、あなたのマネーメイキ
ングはより成功しやすく、また意味のあるものとなりま
す。」

(今日の参考文献
「実践!億万長者入門」(生涯続く「無限の富」を得る
方法)ロバート・アレン フォレスト出版
→ http://tinyurl.com/8jseh )


「お金持ちになりた〜〜〜〜〜〜い!!!」

これは、願望ですね。

これで金持ちになれてしまったら、世界中の人が金
持ちになっていることでしょう。

これは、「旅行いきた〜〜〜〜〜〜〜い」と年中さけ
んでいる人と変わりません。

じゃあ、願望を達成可能な目標にするのはどうした
らいいのでしょうか?

旅行であれば?

まず、「どこに旅行に行きたいのか?」決める必要が
ありますよね。

これが目的。

で、旅行の費用はなんぼかかるのか計算してみる。

費用が足りないのであれば、月々なんぼ貯金できる
のか計算すれば、何ヵ月後には行けるようになるの
かはっきりします。

願望は誰でももっています。

しかし、目標を立て、計画を立て、着実に実行してい
く人はほとんどいません。

資産形成も同じ。

まずは、
・お金をためる理由をはっきりさせ紙に書いてみまし
ょう。

次に
・その目的に到達するには、いくら必要なのか考えて
みましょう。

で、
・月にどのくらい貯金・投資ができ、どのくらいの期
間で達成するのか考えてみましょう。


う〜む。

なんとなく実現可能に思えてきましたね!
















その他のお薦め本は
http://www.geocities.jp/rpejournal/
北野の配信するまぐまぐ殿堂入りメルマガは
http://www.mag2.com/m/0000012950.htm
北野の本は
http://tinyurl.com/dypky 
posted by 北野幸伯 at 05:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月16日

正しいのか?


「ケンカになってしまったのは、どっちが正しいか主張
しあったからです。」

(今日の参考文献↓
「変な人が書いた驚くほどツイてる話」斎藤一人 三
笠書房  http://tinyurl.com/d7v9q )


いたい言葉です。

いや、反省させられる言葉でしょうか。

私たちは、それぞれ自分の価値観をもっています。

それが本当は当たりまえ。

皆自分のクローンのような世界だったら面白くもなんと
もないですよね。

ところが、自分と違う価値観の人と話していると、「あ
〜わかっちゃいない!」と思ったりしちゃいますね。

思ってるだけならいいですが、「いや、これはこっちが
正解でしょ?」とかいってしまう。

ところが、相手は相手で、「あ〜わかっちゃいない!」
と思っている。

そこで、一歩引けばいいですが、とことん議論をおし
すすめるとケンカになっちゃうこともある。

一歩引いて「あ〜この人は自分とは違う考えを持って
る。それが当然なんだ」と思えれば。。。



全ての人の価値観は違う、それが当然。

相手を変える必要はないってことですね。

忘れないようにしたいものです。











その他のお薦め本は
http://www.geocities.jp/rpejournal/
北野の配信するまぐまぐ殿堂入りメルマガは
http://www.mag2.com/m/0000012950.htm
北野の本は
http://tinyurl.com/dypky 
posted by 北野幸伯 at 06:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月15日

お金もちと一般人の唯一の違い


「中流以下の人間はお金のために働く

金持ちは自分のためにお金を働かせる」

(今日の参考文献↓
「金持ち父さん貧乏父さん」ロバート・キヨサキ筑摩書
房→ http://tinyurl.com/8xjq9 )


キヨサキさんが人生をわける「唯一無二の考え方の
違い」と呼ぶ教え。

どういうことでしょうか?

中流以下の人の生活パターンは、「給料をもらうた
めに、週に5日朝から晩まで働く」ですね。

ところがお金持ちは、お金が自分の代わりに働いて
くれているので、極端な話、眠っていてもお金が増え
ていく。

なんでそんなことができるのでしょうか?

例えば、お金持ちは

・銀行から利子を受け取る
・株式の配当と売却益を受け取る
・不動産から家賃収入を得る

等々、不労所得がどんどん入ってくる。

じゃあ普通の人はどうしたらいいのでしょうか?

わかりますね?

ローンをして車を買う金があったら、投資をして不労
所得を増やしていけばいい。

キヨサキさんは、お金持ちはビジネスからの収入を
1、紙の資産(株・債券等) 2、不動産
にするといっています。

普通の人はお金が入ると、ほしいもの(必要なもの
ではない)を買ってしまう。

この違いが長い間に大きな差になってくるのでした。












その他のお薦め本は
http://www.geocities.jp/rpejournal/
北野の配信するまぐまぐ殿堂入りメルマガは
http://www.mag2.com/m/0000012950.htm
北野の本は
http://tinyurl.com/dypky 
posted by 北野幸伯 at 00:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月14日

あなたは他人に支配されている!


「私たちは、繰り返される言葉、自分で発する言葉、そ
して他人が同調する言葉で、現実が構築される。

つまり、まわりの環境ーどんな人を自分のまわりに置く
かーで自分の現実が変わってしまう。恐ろしいよね。

私たちには、二つの選択肢しかない。

「他人に自分の現実をコントロールされる」か

「自分で自分の現実をコントロールされるかだ。」

(今日の参考文献↓
「非常識な成功法則」神田昌典 フォレスト出版
→ http://tinyurl.com/al3uz )



私たちは、知らず知らずのうちに、他人に人生
をコントロールされています。

え?そんなことない?

例えばですよ、皆さんの上司が、「A君はホント
失敗ばっかりでダメだな〜」といったとします。

それでもしあなたが、「ああ、俺って失敗ばかり
のダメな奴だ!」(涙)と考えているとすれば。。

それは上司があなたの人生を支配しているという
ことですよね?

ここで考えて欲しいのですが、上司の言葉をあな
たが受け入れた瞬間。

その「俺はダメな奴」という言葉はあなたにとって
の「真実になる」ということなのです。


そう。

私たちは、CM・雑誌・友人・両親・夫・妻等々の
言葉に支配されている。

それを全然気にしなければいいのですが、受け
入れた瞬間にそれが現実になってしまう。

(そしてしばしば、無意識に受け入れていること
もある)


ところが人間は他人ではなく、自分で自分の現
実をコントロールすることもできるのですね。

どうするか?

それは、ボチボチこのブログで学んでいきましょ
う。














その他のお薦め本は
http://www.geocities.jp/rpejournal/
北野の配信するまぐまぐ殿堂入りメルマガは
http://www.mag2.com/m/0000012950.htm
北野の本は
http://tinyurl.com/dypky
posted by 北野幸伯 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月13日

ガチョウを殺して黄金の卵をうしなったレストラン


「私の住んでいる町にクラム・チャウダーが評判のレス
トランがあった。
昼食の時間になると、毎日大混雑の状態になってしま
うほどだった。

しかし、ある日そのレストランが売却された。
新しいオーナーは黄金の卵に集中し、クラム・チャウダ
ーの具を減らし、全体的に薄めて売ることにした。

最初の一ヶ月くらいは、コストは下がった一方で売上げ
は一定したままだったから、利益は急増した。しかし、
徐々に顧客が減り始めた。

評判が落ち、売上げはほとんどなくなった。(中略)

顧客を疎かにし、信頼を裏切った結果として、固定客と
いう資産を失くしてしまっていたのである。

黄金の卵を生み出してくれるガチョウを殺してしまった
のだ」

(今日の参考文献↓
「7つの習慣」スティーブン・R・コヴィー キングベアー
出版→ http://tinyurl.com/928a9 )


黄金の卵をうんでくれるガチョウの話のつづきです。

このレストランのような話って、よく聞きますし、私たち
も気をつけなければならない点ですよね。

レストランの新しいオーナーは黄金の卵(利益)に集
中しました。

利益をすぐ上げるには、原価を減らせばいい。

原価を減らすには量を減らせばいい。

それで、最初の一ヶ月は儲かりました。

ところが、具を減らした料理を食べたお客さんは、「マ
ズ!」と思い、別のレストランに移動してしまった。


う〜む。

これは、本当に私たちも気をつけたい部分ですね。

短期間で爆発的に売上げを伸ばすことは、そんなに
難しくありません。

俗にいわれる「煽り」という奴をやればいい。

もっと別の言葉でいうと、「広告文句を劇的にすれば
いい」とでもいいましょうか。


すぐ売上げが伸びます。

しかし、製品の中身(この場合レストランの食べ物)
が、宣伝文句と異なっていた場合、買ったお客さんは
がっかりしてしまう。(あるいはダマサレタ!と思う)

そんな場合、成功は一時的。

なぜなら、お客はその人から二度と物を買わなくなる
からです。

レストランの場合、爆発的な儲けはなくてもよい商品
を提供しつづけ、固定客(ガチョウ)をつなぎとめてお
くほうが、長期的には何百倍も儲かったに違いありま
せん。

私たちもこの罠にはまらなないよう、注意したいもの
です。


















その他のお薦め本は
http://www.geocities.jp/rpejournal/
北野の配信するまぐまぐ殿堂入りメルマガは
http://www.mag2.com/m/0000012950.htm
北野の本は
http://tinyurl.com/dypky 
posted by 北野幸伯 at 05:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月12日

必ず不幸になる方法?


「コツのうち、覚えていけないのは、わるくなるコツで
す。
しかも、よく効く、わるくなるコツなど、覚えてしまった
らたいへんです。

人生どんどんわるくなる。

しかし、このコツは覚えるのが実に簡単なのです。

たとえば人の悪口をいうこと。これはよく効くわるくな
るコツです。

人の悪口をいってごらんなさい。人生はいっぺんに
わるくなっていきます。」

(今日の参考文献↓
「これから10年生き方の発見」 船井幸雄 サンマー
ク出版→ http://tinyurl.com/dzg5a )


日本一の経営コンサルタント船井幸雄先生の言葉。

船井先生は、コツには「よくなるコツ」と「悪くなるコ
ツ」があると言っています。

で、悪くなるコツの一つが「悪口をいうこと」だと。

う〜む。

そうかもしれません。

確かに周りを見ると、人の悪口ばかり言っている人
は、いろいろ問題があるようです。

逆に、悪口をいわない人は、運がよさそうですね。

これって、私たちは因果関係を逆に見ちゃいがちで
すよね?

つまり、悪口をいう人は、「あの人は上司が悪いか
ら、友達に恵まれないから、奥さんが変人だから悪
口をいうんだよ」ってね。

逆に悪口をいわない人に対しては、「あの人は金
もあるし、健康だし、奥さんも性格がよくて美人だか
ら悪口いう必要がないんだろう」と。


つまり、現象が原因で、悪口は結果。

ところが実は、

悪口が原因で→悪い現象が結果なのですね。


気をつけましょう。私も気をつけます。













その他のお薦め本は
http://www.geocities.jp/rpejournal/
北野の配信するまぐまぐ殿堂入りメルマガは
http://www.mag2.com/m/0000012950.htm
北野の本は
http://tinyurl.com/dypky 
posted by 北野幸伯 at 05:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月11日

潜在意識と顕在意識の関係は?


「私たちにとって、とても興味深いのは、他の二つの心
です。
私が「内なる心」(インナーマインド)、「外なる心」(アウ
ターマインド)と呼んでいるものです。

五官という媒体を通じて外部につながっている「外なる
心」の役割は、その希望を「内なる心」に伝えることで
す。

「内なる心」こそ、あなたの中にあるパワーの源なので
すが、「内なる心」には自ら判断して良し悪しを決める
機能はありません。その結果、意識の迷いのようなも
のはありません。

「内なる心」は不可能、失敗、障害、限界、不足というも
のを知りません。

それは「外なる心」の指示により、「外なる心」が行けと
いう方向に向けて制限のない力を発揮することができ
ます。」

(今日の参考文献↓
マスターの教え   ジョン・マクドナルド著 飛鳥新社
http://tinyurl.com/ajewh


この本は大昔に書かれた本だからか、潜在意識のこ
とを「内なる心」、顕在意識のことを「外なる心」とよん
でいます。

内なる心はパワーの源なのですが、善悪は判断しな
いということです。

顕在意識が指示した方向に、まっしぐらに進んで、目
標を達成する。

では、私たちの人生で起こってくる失敗、不幸、災難
の原因はなんなのでしょうか?

これはとりもなおさず、顕在意識が間違った指示を
潜在意識に伝えているということですね。

だいたい普通の人というのは、「潜在意識に指示を
与える」などと考えません。

ニュースを見ると、「戦争・テロ・ハリケーン・地震」と
いった情報を潜在意識に伝えてしまう。

ドラマを見て、「殺人・不幸・不倫・挫折」等々の情報
を与えてしまう。

その結果、潜在意識は混乱し、複雑な人生を作りだ
してしまいます。


顕在意識→指示(意識的にするか、無意識でするか
にかかわらず)→潜在意識→現象化。


この公式を常に忘れず、良い情報を伝えていきたい
ものですね。










その他のお薦め本は
http://www.geocities.jp/rpejournal/
北野の配信するまぐまぐ殿堂入りメルマガは
http://www.mag2.com/m/0000012950.htm
北野の本は
http://tinyurl.com/dypky
posted by 北野幸伯 at 03:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月10日

財布を肥満させる

どんなに能力がなくても、お金が貯まりはじめる方法を
バビロンの大富豪アルカドから教えてもらいましょう。↓


「空の財布を太らす第1の知恵をお教えしましょう。

財布に10枚のコインを入れたなら、使うのは9枚までで
やめておくのです。すぐに財布はふくらみ始めるでしょう。

財布がだんだん重くなっていく感触は、手に持つと気持
ちが良いものですし、みなさんの胸にもずしりとした満足
感が湧いてきます。」

(今日の参考文献
★バビロンの大富豪」ジョージ・S・クレイソン キングベ
アー出版
(詳細は→ http://tinyurl.com/ahr22 )


皆さんの財布には今どのくらいお札が入っていますか?

1万円札が多いですか?

1000円札が多いですか?

アルカドが言っているのは、もし1000円札が10枚入って
いたら、9枚だけ使って1000円は使わないということな
のですね。

残り1000円になったら、また10枚1000円札を入れる。

すると1万1000円になりますね。

そして、また9000円使って残りの一枚を残すと、財布の
中には2000円残る。

それでまた10枚いれると1万2000円。

9000円使うと3000円残る。

この方法をしばらく続けていくと、財布には常にありあ
まるお金が入っていることになる。


アルカドは、金がたまっていくこと以外の効用も説明
しています。

「稼いだ金の一部なりとも使わずに取っておく人間に
は、金がより簡単によりつくようになる、というのは神
々の定めた法則なのでしょうな」

(今日の参考文献
バビロンの大富豪」ジョージ・S・クレイソン キングベ
アー出版→ http://tinyurl.com/ahr22 )


不思議な話です。

しかし、「金のあるところに金が集まる」というのは、
どの大富豪も口をそろえていうことです。

簡単ですね。

早速今日から実行されてはいかがでしょうか?











その他のお薦め本は
http://www.geocities.jp/rpejournal/
北野の配信するまぐまぐ殿堂入りメルマガは
http://www.mag2.com/m/0000012950.htm
北野の本は
http://tinyurl.com/dypky 
posted by 北野幸伯 at 05:19| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月09日

ピンチをチャンスに転じる


天風先生の本に、すごい話が出ています。

横浜のポテ振り(荷物を運ぶ人)から初めて、大富豪に
なった、日比谷平左衛門という人の話。

その人は、綿花をインドから輸入していたのですが、船
火事になって物が全部焼けてしまいました。

損害は当時の金で2億円、天風先生の生きていた頃
(たぶん昭和40年ころ?)で2000億円相当だったという
のです。(たぶん今だったら、5000億円以上?)

うわ!

株で10万円損してもナーバスになるのに、2000億円
ですよ!

天風先生は、「そうとうへこんでるだろうな〜」と思い、
そのおじさんに会いに行きました。

すると、彼はなんと言ったか?

「私(天風先生)が、「とんだことが起きましたなあ」
といったところが、

「いや〜ハッハッハ、また儲けさせてもらう大きな動
機ができましたよ」という。

「えっ」といって「承れば2億円の損害だそうで」

「いや、私はそれを損害だと思っていません。2億円
の元金をこしらえないで、神がそれをこしらえてくれ
て、今度はその倍数がまた戻ってくると思うと大き
な楽しみです」

といった。」

(今日の参考文献↓
「運命を拓く」 中村天風  講談社文庫
http://tinyurl.com/clztz ) 


すごいですね〜。

この人は結局5億円稼いだのだそうです。(要は
予言どおり倍以上稼いだ)

(つまり今の金で最低5000億以上)

なんだか私が偉そうにいうのもなんですが、厳しい
とき心機一転して、起こったことに感謝すると一瞬
にして運勢が好転するようです。


「それが難しいんです。。。」


わかります。

そんなときは、口先だけでもいいので、「ありがたい
な〜」と繰り返し言ってみましょう。












その他のお薦め本は
http://www.geocities.jp/rpejournal/
北野の配信するまぐまぐ殿堂入りメルマガは
http://www.mag2.com/m/0000012950.htm
北野の本は
http://tinyurl.com/dypky 
posted by 北野幸伯 at 04:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月08日

この言葉をいうだけでツキが雪崩のように。。。


「「ツイてる、ツイてる」と言えばいいのです。

よそでは、「三位一体、心と体と言葉がともわないとい
けない」とか言われますが、銀座まるかんは「ツイてる」
のひと言だけ。

簡単です。」

(今日の参考文献↓
「変な人が書いた驚くほどツイてる話」斎藤一人 三笠
書房  http://tinyurl.com/d7v9q )



「プラス発想すれば成功する」

前にもこの話をしました。

プラス発想しようったって、できないんですよね〜。

一人さんは、心と言葉と行動が一致してなくても最初
はいいのだといっているのですね。

心は別にプラス発想じゃなくてもいいから、まず言葉
からはじめようと。


それならできるじゃあないですか?

このブログを読んでいる皆さんの中にも、いろいろな
気分の人がいるでしょう。

中には、上司に怒られて沈んでいる人、彼氏・彼女
とケンカした人もいるかもしれません。

そう、気分は最悪だとしましょう。

さあ、言葉に出して、



「ツイてる!」(^▽^)「ツイてる!」(^▽^)
「ツイてる!」(^▽^)「ツイてる!」(^▽^)
「ツイてる!」(^▽^)「ツイてる!」(^▽^)
「ツイてる!」(^▽^)「ツイてる!」(^▽^)
「ツイてる!」(^▽^)「ツイてる!」(^▽^)
「ツイてる!」(^▽^)「ツイてる!」(^▽^)
「ツイてる!」(^▽^)「ツイてる!」(^▽^)





あ〜、なんとなく気が晴れてきましたね!

ちなみに、ブログ訪問者の中に、即座に実行にう
つした人がいて、「一日中バカみたいに言ってた
ら、臨時収入がありました!」なんて、驚きのメー
ルも届いています。

皆さんは、それでも「苦難の道」を行きますか?
















その他のお薦め本は
http://www.geocities.jp/rpejournal/
北野の配信するまぐまぐ殿堂入りメルマガは
http://www.mag2.com/m/0000012950.htm
北野の本は
http://tinyurl.com/dypky 
posted by 北野幸伯 at 07:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月07日

悩みの実体


「悩みも同じ。自分が作り出しているだけなのだ。
悩みとは何だろう。

もしも「○○がない」ことが悩みだとしたら、なぜそ
れが悩みだろうか。
事実なら受け入れればいいし、受け入れるしかな
い。

受け入れれば悩みはなくなる。

もし○○がほしいなら努力すればいい。もし手に
入らなければあきらめればいい、

ただそれだけのことだ。」

(今日の参考文献↓
「転生と地球」 高木善之 PHP研究所
→ http://tinyurl.com/9jg9l )


なるほど。

○○がないことが悩みだとしたら、受け入れれ
ばいいとのこと。

ちょっと考えてみましょう。

例えば、お金がないことが悩みだとしましょう。

「あ〜、お金がない〜、どうしよう〜、どうしよう」

こうやって、うろたえている、パニッくっているの
が悩んでいる状態ですよね。

確かに悩んでいても、意味なさそうです。


「受け入れれば、悩みがなくなる」

「あ〜、お金がないな〜」

これが受け入れること。

次。

もし○○が欲しいなら努力すればいいとのこと。


1、あ〜お金がないな〜。
2、じゃあどうすれば、収入を増やすことができる
だろう
・会社で認められるよう、仕事に精を出す
・ネットで稼げるよう、勉強する
・バビロンの大富豪 http://tinyurl.com/ahr22 
実践億万長者入門 http://tinyurl.com/8jseh 
なんかを読んで勉強する。
等々。

確かに、悩んでいるときと、「どうすればいいか
解決策を練っているとき」、同じ思考ですが、解
決策を考えているときは、「悩んでいる」とはいえ
ないですよね。


皆さんは何か悩みがありますか?

悩みはなんですか?

まず、はっきりさせてみましょう。(紙に書くのが
いいと思います)

次に、解決方法を考えてみましょう。(これも紙
に書いてみるのがいいと思います)

その悩みは既に悩みではなくなり、解決される
課題になるでしょう。











その他のお薦め本は
http://www.geocities.jp/rpejournal/
北野の配信するまぐまぐ殿堂入りメルマガは
http://www.mag2.com/m/0000012950.htm
北野の本は
http://tinyurl.com/dypky 
posted by 北野幸伯 at 00:44| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月06日

そこでものを買うか投資するかの違いが。。。

「彼も彼の妻もフルタイムで働いていました。

もし彼らが、普通の(お金のない)若い夫婦だったら、
2人分の給料をかき集めて、(高い月賦で)新しい車
を買い、「分不相応の家」に住むために死にもの狂
いで働いて、続く30年間、心身をすり減らしながら生
きていったことでしょう。

しかし、この若い夫婦はとても賢明な選択をしました。
彼らは、妻の給料で生活し、夫の2000ドルの給料全
額を貯蓄したのです。

お金は賢く選んだミーチュアルファンドに投資し、確
実に増えていくのを見守りました。

これこそが、まさに繁栄なのです。」

(今日の参考文献
「実践!億万長者入門」(生涯続く「無限の富」を得
る方法)
ロバート・アレン フォレスト出版
→ http://tinyurl.com/8jseh )


ここには、「金持ち父さん」のいう「ラットレース」に
はまるパターンと、そこから脱出する人たちの違い
が記されています。

一方は、世間の人と同じように、ローンで車を買い
・家を買い、返済が終わる頃には、古い家しか資産
がない。

これが、世の中にお金持ちの数が少ない一番の
理由なのでしょう。

世間の人たちが皆リッチで、「あ〜、金があまっちゃ
ってしゃーないから、家でも買おうか!」というのな
ら、世間の人と同じ行動を取ればいいでしょう。

ところが、世間の人の大部分がお金に困っている
のなら、大多数の人と反対の行動を取るのが賢い
ということになります。


賢明な夫婦は、目先の欲望を満たすかわりに、お
金を増やす選択をしました。

20年後には最低ウン千万円の資産ができている
ことでしょう。


「2000ドルって22万円でしょう?そんなに貯金でき
ません!」


大部分の特に若い人はそうかもしれません。

それなら、月1万円でも2万円でも、とにかくはじめ
ることが必要でしょう。

10年〜20年経つと、月とスッポンぐらいの差が出
てしまうのですから。













その他のお薦め本は
http://www.geocities.jp/rpejournal/
北野の配信するまぐまぐ殿堂入りメルマガは
http://www.mag2.com/m/0000012950.htm
北野の本は
http://tinyurl.com/dypky 
posted by 北野幸伯 at 01:09| Comment(4) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月05日

成功するには「注意」が大事?


「あなたが特別な注意をむけることは何でも、あなたの
人生の中で成長し、拡大する性質があるということを
忘れないでください。

「注意をむける」ということが人生の鍵です。」

(今日の参考文献
「眠りながら巨富を得る」J・マーフィー 三笠書房 
知的生き方文庫 
http://tinyurl.com/c3emv )


「注意をむける」

これが人生の鍵だそうです。

私たちはいろいろなものに注意をむけています。

例えば、ラーメン屋さんについてめちゃくちゃ詳しい人
がいます。

例えば、鉄道マニアもいるし切手オタクもいます。

彼らは、私たちが全然知らない情報を知っているます。

驚くべき情報量です。


私はいろいろな成功者とか大金持ちと、普通のなか
ず飛ばずの会社員の間に、明らかな差があることが
わかりました。

それは、成功者とか大金持ちは、「お金儲け」とか「自
分の仕事」とか「経営」とかに関心があるのです。(注
意を常にそこにむけている)


ところが、あんまり成功していない人たちは、「スポー
ツ」とか「芸能界」とかに関心が強く、「仕事」「お金儲
け」にほとんど関心がないのです。


別に、趣味が悪いと言っているのではありません。

しかし、成功したいなら成功に、お金持ちになりたいな
ら、お金儲けに「注意をむける」ことが必要なのですね。

昔このブログで紹介した大富豪の言葉をもういちど。



大富豪「成功する人は、必要なことをして、本当に必要
なものを買い、必要なことを考える」

北野「成功しない人は?」

大富豪「彼らはやりたいことをして、欲しいものを買い、
いらんことを考える」


















その他のお薦め本は
http://www.geocities.jp/rpejournal/
北野の配信するまぐまぐ殿堂入りメルマガは
http://www.mag2.com/m/0000012950.htm
北野の本は
http://tinyurl.com/dypky 
posted by 北野幸伯 at 06:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月04日

なぜそんなことで目標が実現するんだ〜!


「なぜ紙に書けば実現してしまうのか?
本当に不思議だった。
私は調べた。すると、その理由は、脳のメカニズムにあ
る、ということがわかった。(中略)

簡単に言うと、脳はあながた質問すると、高精度なア
ンテナを張って、必要な情報を収集しはじめる。(中略)

しかも、その情報処理量はすさまじい。(中略)

脳は毎秒1000万ビットを超える情報を処理するという。
視覚は毎秒1000万ビット、聴覚は40万ビット、そして、
触覚は100万ビットを処理する。

この数字は、研究者によって異なるが、共通するのは
「脳がとてつもない情報処理能力を持っている」という
ことだ。」

(今日の参考文献↓
「非常識な成功法則」神田昌典 フォレスト出版
→ http://tinyurl.com/al3uz )



「目標を紙に書けば実現する」

よく聞く話です。


「・・・・・・・・・・ふ。そんなことで実現したら世話ないよ。
絶対ありえない!」


こんな風に考える人もいるかと思います。

しかし、神田先生に言わせると、「目標を書いたら実
現するというのは、科学的に実証済み」ってことなの
ですね。

脳力をフルに活用するコツは、質問をすること。

紙に、自分の目標を書き付けることが、スーパーコ
ンピュータである、脳を稼動させることになる。


「いや〜、そんなこと言われても、とても信じられな
い!

そんな、頑固なあなたに、神田先生から一言。



「あなたも騙されて、いくつか目標を書いてみれば?
と思うのである。
実現しなくてもいいじゃない?それであなたにどん
なリスクがある?
紙一枚と、数分の時間だけだと思う。
しかし、実際にそのひとつでも叶ってしまったら・・・。
あなた、どうする?」

(今日の参考文献↓
「非常識な成功法則」神田昌典 フォレスト出版
→ http://tinyurl.com/al3uz )


まあ、このブログ読んでいる皆さんですから、ここ
までいう必要もないですよね。

さっそく、書いてみてください!












その他のお薦め本は
http://www.geocities.jp/rpejournal/
北野の配信するまぐまぐ殿堂入りメルマガは
http://www.mag2.com/m/0000012950.htm
北野の本は
http://tinyurl.com/dypky 
posted by 北野幸伯 at 07:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月03日

長期的成功に必要なこと


「ある貧しい農夫が、飼っていたガチョウの巣の中にキ
ラキラと輝く黄金の卵を発見した。(中略)

たまごはなんと純金だった。(中略)
翌日も同じことが起きた。(中略)

やがて、農夫は大金持ちになった。ところが、富が増
すにつれ欲が出て、せっかちになっていった。

一日一個しか生まれない黄金の卵が待ちきれず、つ
いにガチョウを殺し、腹の中を全部一気に手に入れよ
うと決めた。

そして、いざガチョウの腹を開けてみると中は空っぽ
だった。

黄金の卵はもちろんなく、そのうえ黄金の卵を手に入
れる手段さえ、農夫はなくしてしまったのだ。」

(今日の参考文献↓
「7つの習慣」スティーブン・R・コヴィー キングベアー
出版→ http://tinyurl.com/928a9 )



この話は、長期的成功のためにはバランスが大切だ
という話。

例えば、上司にとって部下はガチョウ(笑)ですね。

上司は、金の卵を生ませる(目標達成)にフォーカス
し、ガチョウ(部下)をこき使います。

何回かそれで目標は達成されますが、ある日ガチョ
ウは「部長すいません。私ついていけないんで、転
職します」。


例えば、男女関係。

A子さんは優しい彼氏のB君が大好き。

「あれ買って〜、これ買って〜」とおねだりします。

B君もA子さんが大好きなので、最初は喜んでいろ
いろ買ってあげます。
(ガチョウのB君は、A子さんに金の卵をプレゼント)

ところが、A子さんの欲望はどんどん膨らんで、要
求がどんどん大きくなっていった。

ガチョウのB君は、いいかげんしんどくなっていきま
した。

そんなとき、B君は職場で、つつましやかなC子さ
んと知り合います。

彼女は指輪もピアスもしていないし、持ち物もセン
スはいいけどブランドもんではないらしい。

B君は、C子さんに聞きます。

「貴金属とかブランドもんとか興味ないの?」

C子さんは笑っていいます。

「お金もったいないでしょ。私にとっては、贅沢よ
り、安心して暮らせることの方が大切なの」

B君は、「あれ欲しい、これ欲しいの農夫(A子さ
ん)」と別れ、安心第一のC子さんに行くことを決
意します。



私たちは自己の欲望や目標達成に熱心になりす
ぎて、自己中に陥る危険性が常にあります。

しかし、バランスが崩れてしまうと、可愛いガチョ
ウも、金の卵も両方失ってしまうかもしれません。


気をつけたいものです。













その他のお薦め本は
http://www.geocities.jp/rpejournal/
北野の配信するまぐまぐ殿堂入りメルマガは
http://www.mag2.com/m/0000012950.htm
北野の本は
http://tinyurl.com/dypky 
posted by 北野幸伯 at 05:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月02日

願いがかなわないわけは?


皆さんこんにちは!

マスターの時間です。

マスターはこの前、「しっかりと保たれたイメージは
必ず実現する」という話をしていましたね。

今日は、「なぜ願いが実現しないか」について。↓


「なぜ実現しないのか説明するために、ラジオの例
を使ってみましょう。
ある放送局を聞きたいのに、その放送局と同じ周波
数の電波を他の放送局が出していることがあります。
そのために混信が起こります。(中略)

これとまったく同じように、もし私たちに一つの願望
がうまれたとき、その願望に相対立し、その力と意識
を無効にしてしまうような他の思いがなければ、それ
は偉大な力を発揮します。
そして、あなたの願望は実現します。」

(今日の参考文献
マスターの教え ジョン・マクドナルド著 飛鳥新社
→ http://tinyurl.com/ajewh


あるんですよね〜。

相対立する心。

例えば、「このビジネスで行くぞ!」と決心した一週
間後には、「いや、やっぱりこっちのビジネスのほう
がいいかも。。。」とか。

例えば、「よし金ためるぞ!」と決めてから数日する
と、「お!安売りしているぞ!」とか。(笑)


私たちの心には偉大な力があるのに、それを効果
的に利用するためには、継続して同じことを考える
必要があります。

そのやり方は。。。

そのやり方は、このブログで、ボチボチマスターか
ら学んでいきましょう。



待てないというぜ!という方は、
http://tinyurl.com/ajewh














その他のお薦め本は
http://www.geocities.jp/rpejournal/
北野の配信するまぐまぐ殿堂入りメルマガは
http://www.mag2.com/m/0000012950.htm
北野の本は
http://tinyurl.com/dypky 
posted by 北野幸伯 at 05:11| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月01日

お金の子ども・孫・ひ孫


いつものようにバビロンの大富豪アルガミシュから、お
金持ちになる秘訣を教えてもらいましょう。

後にバビロン一の大富豪になったアルカドは、若い頃
アルガミシュから金持ちになる方法を教えてもらいます。

第1の教えは、収入があったら、即座に10分の1は別
の場所に移してしまうこと。

第2の教えは、貯めた金で投資をする場合、必ず実績
と経験のある専門家の意見を聞くこと。


アルカドは、レンガ作りの友達にお金を預けました。

彼は、フェニキア人から貴金属を安く買い、バビロンで
高く売り大儲けしようとしたのです。

ところが、友達はガラス玉をつかまされてしまった。

貯金を全部失ったアルカドは、再びアルガミシュの教
えを実行し、小金をためました。

その後、楯作りの友人アッガー君のビジネスに融資
し、自分の職業以外の収入源を確保することができ
るようになりました。

そんなとき、ブラっとアルガミシュがやってきます。↓



「この前会ったときから、おまえはどのくらい進歩した
かな?」

「私は忠実に自分への支払いをやっています。さらに
は貯めた金を、青銅を買う資金として楯作りのアッガ
ーに貸してあります。そして4ヶ月ごとに利息を受け取
っています。」

「結構だ。その利息でおまえは何をしているのだな」

「ハチミツとワインと香料入りのビスケットのごちそうを
食べています。それから真紅のチュニックも買いまし
た。それからいずれ騎乗用のロバも買うつもりです」

これを聞いてアルガミシュは笑ったよ。

「おまえは蓄えが生んだものを食べてしまっているな。
だが、それではどうしてせっかく生まれた子どもたち
がおまえのために働いてくれると期待できるというの
だ。(中略)

まず初めに金の奴隷たちの大群を確保するのだ。そ
うすれば裕福な宴を何度やろうと、後悔することもな
く楽しめるようになる。」

(今日の参考文献
バビロンの大富豪」ジョージ・S・クレイソン キングベ
アー出版→ http://tinyurl.com/ahr22 )




お金を貯めるというのは最初が一番しんどく、そのう
ち雪だるま式に増えていきます。

それが、「複利の法則」。


この辺のところ、ロバートアレンさんに聞いてみましょ
う。↓

「仮に月200ドル(まあ2万4000円)を20年間、目標利
率20%で投資するとします。
最初の数ヶ月、あなたは順調に貯蓄を続けていきま
す。
ところがある日、新聞で新車の魅力的な広告を目に
します。
その車を買うために、あなたは月200ドル(2万4000円)
の投資額を100ドル(1万1000円)に減らすことにしまし
た。
20年後、あなたの手元には63万2000ドル(まあ6952
万円)のかわりに、たった31万6000ドル(まあ3476万
円としましょう)と、とても古い車が残るだけです。
これは当初の予定より31万6000ドル(3476万円)少な
い額です。」

(今日の参考文献2↓
「実践!億万長者入門」(生涯続く「無限の富」を得る
方法)
ロバート・アレン フォレスト出版
(詳細は→ http://tinyurl.com/8jseh )


マ〜マミア!

3476万円の損ですか!

これなら、車何台でも買えますね。

もう一つ、世界一の大金持ちの言葉を、


「それ(世界7大不思議はわからないが、8番目の不思議が複利
だというのは確かだね。」(ロスチャイルド)










その他のお薦め本は
http://www.geocities.jp/rpejournal/
北野の配信するまぐまぐ殿堂入りメルマガは
http://www.mag2.com/m/0000012950.htm
北野の本は
http://tinyurl.com/dypky 
posted by 北野幸伯 at 02:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。